公益社団法人 日本麻酔科学会九州麻酔科学会第58回大会
会期
2020年9月12日(土)
会場
長崎ブリックホール
会長
原 哲也(長崎大学医学部麻酔学教室)
会期
2020年9月12日(土)
会場
長崎ブリックホール
会長
原 哲也(長崎大学医学部麻酔学教室)
MENU

会長挨拶

会長 : 原 哲也
(長崎大学医学部麻酔学教室)

九州麻酔科学会第58回大会を2020年9月12日(土)に長崎ブリックホールで開催させていただきます。この度の開催に際し、ご指導・ご支援をいただいております会員および関係の皆様に厚く御礼申し上げます。

今回は特別なテーマは設けておりませんが、今大会が麻酔科医の専門性と多様性を考える大会となることを望んでおります。近年のゲノム医療や超高齢化社会に代表されるような医療技術や社会環境の変化は、麻酔科医にも思考・行動の変化を求めています。麻酔科医の専門性を深く追求しながらも、次々に現れる新しい医療に対応できるだけの柔軟性が必要となってまいります。また、先進的な医療の中で麻酔科医の持つ高い専門性を活かすことも、麻酔科医の重要な役割となってまいります。先進医療に関する話題に加え、周術期管理、集中治療、ペインクリニック、緩和ケア、救急医療といった麻酔科関連領域の話題を広く集め、麻酔科医の専門性と多様性について討論できる機会となるように準備を進めてまいります。

今大会では、特別講演、専門医共通講習、麻酔科領域講習、周術期管理チームセミナーに加え、優秀演題セッションとポスター発表による一般演題セッションを予定しております。会員の皆様には、最優秀演題を目指してご応募いただけると幸いです。

長崎市には世界遺産であるキリシタン教会群をはじめ多くの観光名所がございます。また、独特の食文化や美味しい魚料理も長崎の魅力のひとつでございます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。