公益財団法人 日本麻酔科学会東海・北陸支部第17回学術集会
会期
2019年9月7日(土)
会場
名古屋コンベンションホール
会長
藤原 祥裕(愛知医科大学医学部麻酔科学講座)
会期
2019年9月7日(土)
会場
名古屋コンベンションホール
会長
藤原 祥裕(愛知医科大学医学部麻酔科学講座)
MENU

会長挨拶

会長 : 藤原 祥裕
(愛知医科大学医学部麻酔科学講座)

2019年9月7日(土)、名古屋コンベンションホールにて日本麻酔科学会東海・北陸支部 第17回学術集会を開催いたします。会場はささしまライブ24グローバルゲート内にございまして、あおなみ線でJR名古屋駅の隣、ささしまライブ駅に隣接しており、交通の便も良好になっております。2017年10月に開業したばかりの施設ですので、麻酔関連学会が開催されるのは今回が初めてではないかと思われます。若干の不安もございますが、皆様の利便性を第一に考えた運営を心掛けたいと存じます。

現在、学術集会の開催に向けプログラムの準備を開始したところでございますが、麻酔領域講習、専門医共通講習をできる限り数多く設定し、麻酔科専門医新規申請・更新に必要な単位の取得にお役立ていただくことを最優先とさせていただきます。その他、従来の学術集会の慣習に則って、ポスターによる一般演題発表、企業共催セミナーの開催などを予定しております。

学術集会開催の9月初旬、名古屋はまだまだ残暑厳しい季節かと存じますが、会場は長時間屋外を歩かなければならないような立地にはございませんので、どうぞ皆様安心してお越しください。また、学術集会終了後は、リニア開業を控え急速に変貌を遂げつつある名古屋駅界隈で名古屋めしをご堪能いただければ幸いです。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。